スポンサーリンク

インフォコム【4348】〜電子コミック首位級、他のITサービスも好調で連続最高益〜

東証一部

まとめ

Amaziaのブログでも書きましたが、コミック、マンガは日本の文化として世界からも注目を集めていますよね。

現在電子コミックが好調とのことですが、やり方次第ではもっともっと市場を広げて行くことも可能だと思います。

また電子コミックのみならず他の事業(ITサービス)での業績貢献も期待できそうなことからこれから株価も上昇していくのではと見ています。

来年購入対象とすべくもう少し観察を続けますのでまた動きありましたらブログの方更新したいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

追記)2020.02.09

さて、ブログにて初紹介から2ヶ月が経過しましたので状況を改めて確認したいと思います。

まず、株価は以下の通りです。

むむ?ブログで紹介した2ヶ月前から500円UP!!

またしても目の付け所に間違いはなかったか!!

そしてお約束通り買ってないです!!

まぁ、いつもこんな感じです。チクソーーΣ(-᷅_-᷄๑)

1月末の決算資料を抜粋して、この好調の理由を探っていきたいと思います。

今回の決算は、第三四半期でしたが、一年前の四半期と比べて確実に成長してます!やはりコミックが良かったようですね。

増減率から見ても、なかなかの勢いです。こういった会社は勢いがあってナンボなところがありますので、プレッシャーもなかなかだとは思いますが、いい感じに駆け抜けてる感じあり、良きです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

セグメントは、電子コミックが主でプラスIT系がちょこっと、と思っでしたが、かなり手広くやられている印象ですね!

販売先が多岐に渡るのは難しさもあるとは思いますが相乗効果が得られればかなりの強みになりますね。

官公庁や自治体を顧客としている点についても要注目。

そのITだけを抜粋した成績がこちらですね。売上の伸び比率に対して利益が大幅に伸びているのは強いですね。

ここからは読み取れませんが恐らく色々と先行投資していた分の回収が終わってこれから回収フェーズですかね。

この手のソフト販売は耐え忍ぶ時期が終わるとその後はザックザックといけるのが強みでしょうか。経験値も上がってコンサルとしても強くなっているのかも知れません。

いずれにしても、いい傾向だと思います。

そしてこちらが電子コミックですね。

やはり売上利益ともこちらの方がITよりも大きく成長率も堅実。まだまだ伸びる可能性は秘める分野でもありますね。

実際はこちらの通り、第二四半期から少し落ちてしまったようですが、通期の予想では大幅な伸びを予想してますね。

ちなみにこれは市場コンセンサスとも同じぐらいの予想となっています。

さて、こちらが通期の予想です。

公表値からの変更はありません。このペースだと次回も大幅にこれを上回る雰囲気ではないかもですが、コミック売上と、ITの利益の伸び次第ではどうなるか非常に楽しみですね。

最後は配当に関してですが、増配予想ですね!

株主に視線が向いている点も、非常に好感が持てます!

これから個人にも企業にもITの波がどんどん高まる中でその両者を対象に事業を展開、これからも期待大です(じゃぁ株主になれよって話なんですが)。

では!


サラリーマン投資家ランキング

東証一部
スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレイジー1号2号の2人旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました