スポンサーリンク

タイム・イズ・マネー

雑記帳

どうも、トレイジー1号です。記念すべき一発目の記事です!
一発目の記事が雑記というのもいささか情けないですが…まあ仕方なし。

突然ですが、僕は意思決定問題が好きです。今日何食べよ、何着ようっていう題材から、受験・就職・結婚など人生に関わる題材まで、日々の生活は意思決定問題で成り立っていると考えます。この意思決定を最適化することで(まぁ正確には答えなんてわからないんだけど)、人生をより豊かにできるのではないかという仮説のもと、このブログでは、投資を意思決定問題の題材として扱っていきたいと思います!

さて、短い投資経歴ではありますが、自身の中でひとつ確信に近いことがあります。それは、タイムイズマネーであるということ。おそらく小学校くらいで習う、時間は大切に使わなければならないという考え方。普段の生活で実践できているかはさておき、こと投資においても、時間は最大の武器にすべき。っていうか武器にしなければいけない。

学生時代のデイトレや近年の仮想通貨取引で悟ったことは、「デイトレード、無理ゲー。」ってこと。心理学の専門家が作った自動取引ロボットや、際限ない富を持つ大口に敵うわけがない。戦場で、裸の人間が重戦車に立ち向かっていくようなもので、生き残れるわけがない。その戦車の後ろをついていくのだ!という人は決して止めはしませんが、その戦車の銃口がいつこちらに向くかはわからないっていうのは覚悟しておかないといけないと思う。

となると、取りうる戦略は必然的に限られてくる。そう、長期保有である。
幸い僕は投資でサラリーを得ているわけではないので、日々や月々の利益のノルマというものはない。これは個人投資家の最大の利点だ。時間を個人投資家の武器として最大限に活かすことは、ひとつの最適解であることは間違いない。

よく”借金が雪だるま式に”っていう話があるように、複利の効果というのは偉大だ。まさにタイムイズマネーである。そういうわけで、僕の投資スタイルは基本的には”長期投資を前提としたスイングトレード”であり、売買や配当で得られた利益は迷わず再投資をしていくというものだ。

目下の課題としては、得られた利益を臨時収入と考えて消費してしまわないことだな。これが一番重要。難しいけど。

細かい話は追々書いていくとして、とりあえず一発目の本記事で、自身の投資スタイルについて明らかにしておく。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う

ウォーレン・バフェット

コメント

タイトルとURLをコピーしました